20代、30代にはレザースニーカーがおすすめ!魅力を解説【大人のメンズファッションに必須】

20代、30代にはレザースニーカーがおすすめ!魅力を解説【大人のメンズファッションに必須】
  • おしゃれになりたいけど靴ってどうしたらいいの?
  • 大人になってからのちょうどいい靴は?
  • 服のことはよくわからないけどそれなりの服装をしたい!

大人のメンズファッションでは、大人っぽさが重要です。しかし、いつもカジュアルなスニーカーばかり履いていると大人っぽくは見えません。そこでおすすめなのがレザースニーカーです。

この記事では、大人の足元にレザースニーカーをおすすめする理由を、元アパレル店員で毎日服のことを考えていた僕が解説します。

レザースニーカーの魅力を知ることで、これからどんな基準で靴を選ぶとおしゃれに見えるのかもわかるようになります。

レザースニーカーは革素材なので大人っぽい印象がありつつ、見た目はスニーカーなのでキメすぎな印象にならず普段着として使いやすいです。

靴をいつものスニーカーからレザースニーカーに変えるだけで、簡単に大人っぽく見えて周りと差をつけることができます。

ぼしゅん
ぼしゅん

おしゃれになるためにまずは靴から変えてみましょう。

レザースニーカーとは?普通のスニーカーとの違い

レザースニーカーとは?

レザースニーカーとは、アッパー(靴の上側、靴底以外の部分)が革素材で、ソール(靴底)がスニーカーと同じラバーなどになっている靴です見た目はスニーカーで素材だけ革のものや、見た目はビジネス用の靴でソールだけスニーカーのものなど色々あります。

アッパーとソール
有名なものだと、アディダスの「スタンスミス」があります。

見た目がビジネス用のものは、いくらソールがスニーカーと同じでも私服と合わせておしゃれに見せるのが難しいので、今回はパッと見スニーカーにみえる、ビジネス用に見えないデザインのレザースニーカーについて話します。

ぼしゅん
ぼしゅん

あまりにも見た目がビジネス用みたいだと、私服感が出ずにおしゃれだと思われません。

おしゃれでは服の組み合わせが重要

キレイめとカジュアル図解イラスト

おしゃれという評価を得るには、着ている服の組み合わせが重要です。

服を着るときは上半身にきている服・ズボン・靴を選んで完成するので、どれか一つがおしゃれでも、ほかの服が極端に服装に合っていなかったりするとおしゃれとは思われません。

かっこいいTシャツを着ていても、ズボンはジャージで靴はビーチサンダルなんて服装だとおしゃれとは言いづらいです。

おしゃれは単品ではなく組み合わせが重要だということを理解しておきましょう。

ぼしゅん
ぼしゅん

いわゆるトータルコーディネートが大事ですので、服を選ぶときは一緒に着る服の組み合わせを意識しましょう。

おしゃれするときに靴が重要な理由はこちらで解説しています。

キレイめとカジュアルを意識しよう

服の組み合わせを決めるときは、キレイめとカジュアルのバランスを意識します。キレイめとカジュアルとは、その服のジャンルのことです。

キレイめ
ジャケットやシャツ、革靴などのスーツっぽいかっちりした印象のアイテム
カジュアル
パーカーやTシャツ、スニーカーなどのラフな印象のアイテム

このキレイめとカジュアルをバランスよく組み合わせてこそおしゃれに見られるのです。

パーカーとジーンズにキャンバス生地のスニーカーではカジュアルすぎておしゃれには見えないですし、ジャケットに白シャツとスラックス、革靴では仕事中にしか見えません。

服を選ぶときは、この服はキレイめなのか、カジュアルなのかを考えて選ぶようにしましょう。

特にカジュアルすぎになっていないかを意識すると、今までより少し雰囲気を変えることができます。

ぼしゅん
ぼしゅん

ほとんどの人はカジュアルな服を選びがちなので、一つはキレイめなアイテムを入れるようにしましょう。

メンズファッションは【大人っぽい】を目指そう

大人ファッションではキレイめが大事

メンズファッションでは大人っぽさを意識しましょう。カジュアルよりもキレイめ要素が多いのが理想です。

カジュアル要素が多めだと子どもっぽく見えておしゃれにみえませんし、見た目に気をつかってない感が出てしまいます。

キレイめとカジュアルの特徴を挙げると、

キレイめなアイテム

  • 無地・シンプル
  • 細身なデザイン
  • 暗めな色

カジュアルなアイテム

  • 動きやすい
  • 着ていて楽
  • プリントやデザインがかっこいい

と、キレイめなアイテムはスーツっぽい大人な印象を与えますが、カジュアルなアイテムは子どもが服を選ぶ基準と同じ特徴があります。

服を選ぶときは、カジュアルなアイテムばかりにならないようにキレイめアイテムも選んでください。

ぼしゅん
ぼしゅん

トップスがカジュアルならば、ボトムスとシューズはキレイめを選ぶといいです。

年齢が上がるほどキレイめを多めにしよう

キレイめとカジュアルのバランスは、年齢が上がるほどキレイめを多めにしましょう。

カジュアルな服装に対して顔と体型のギャップが大きくなり、より服装に対してズボラな印象が強くなります。年齢が上がるほど、より大人っぽい印象を強くしないとおしゃれには見られづらいです。

例えば、20代ぐらいだとキレイめとカジュアル5:5でもいいのですが、30代以上になったら7:3にするのがおすすめです。

レザースニーカーがメンズファッションにおすすめな理由

レザースニーカー3つのポイント

大人のメンズファッションには、レザースニーカーをおすすめします。革靴の要素と、スニーカーの要素がどちらもあり、簡単にキレイめとカジュアルのバランスが取れるからです。

なんとなく靴を選んでしまうと、次のようになってしまいます。

  • 普通のスニーカーを履くとあんまりおしゃれな印象にはなりにくい
  • キレイめな靴にしようと革靴を選ぶと、仕事用の靴を普段着に使っているようになる

それを解消できるのがレザースニーカーです。

普通のスニーカーはカジュアル100%

スニーカー

普通のスニーカーはカジュアル要素100%です。

アイテムは、下記の要素が少ないほどカジュアルになります。

  • 無地・シンプル
  • 細身なデザイン
  • 暗めな色

普通のスニーカーは、動きやすさや通気性などの履き心地を重視して作られています。見た目も派手な色や切り替えなどのデザインがあり、シルエットも丸めなものが多いです。

カジュアル要素が強いと、子どもっぽく見えておしゃれな印象になりにくいです。他の服もカジュアルだと、服装に気を配ってない印象も与えてしまいます。

普通のスニーカーを履く時は、トップスとボトムスをよりキレイめで揃えるようにしないとカジュアルすぎになってしまいます

革靴はフォーマルな場面で使われるキレイめアイテム

フォーマルな場面でも使われる革素材は、キレイめ要素の一つです。スーツには革靴を合わせますし、財布や時計のベルトも革にすると大人っぽさと高級感がでます。

普段着にも革靴を合わせることで、大人っぽさを演出することができおしゃれに見えます。

しかし、革靴であればなんでもいいというわけではありません。

革靴はビジネスやパーティーで使われるイメージが強いので、普通に選んでしまうとキメすぎな印象になってしまいます。チョイスを間違ってしまうと、友達や街ですれ違った人に

友達
友達

こいつなんでこんなに気合いはいった格好してんの?

と思われることになってしまいます。

革素材はキレイめ要素の一つですが、キレイめすぎてバランスが取りにくいアイテムなので気をつけましょう。

ぼしゅん
ぼしゅん

ローファーやUチップの少しカジュアルな革靴にするようにするとキメすぎ感が出にくいです。

キメすぎに見える革靴の例

  • 黒色
  • つまさきが尖っている
  • 内羽根
  • ストレートチップ
革靴

レザースニーカーは単体でバランスが取れる!

そこでおすすめするのがレザースニーカーです。デザインはスニーカー(カジュアル)で素材は革(キレイめ)なので、カジュアルになりすぎず、キメすぎな印象もありません

スニーカーと革靴のデメリットをまとめると、

普通のスニーカー
カジュアルすぎて子どもっぽく見える・みんなと同じなのでおしゃれ感がない。
革靴
フォーマルなイメージが強いので、私服に合わせづらい

と、なんとなく選んでしまうと残念なコーディネートになりやすいものでした。

レザースニーカーはそのいいとこ取りです

見た目はカジュアルなスニーカーで私服にもなじみ、素材は革なので大人っぽく見える。私服に合わせてもキメすぎな感じもなく、普通のスニーカーのように子どもっぽいイメージもありません。

スニーカーのカジュアル要素と革素材のキレイめ要素を合体させた万能アイテムなのです。

デザインはスニーカーなので、履きごこちも革靴よりも楽チンです。

ぼしゅん
ぼしゅん

他の服がカジュアル寄りでも、キレイめ寄りでもバランスを取ってくれるので、コーディネートに合わせて靴を選ぶ手間がなくなります!

レザースニーカーは革靴とスニーカーのいいとこ取り

レザースニーカーのメリットまとめ

大人のメンズファッションでは、大人っぽく見せることが重要です。大人っぽく見せるには靴を意識しましょう。

おしゃれに関心がない人が靴を選ぶと、

  • 普通のスニーカーを選んでしまうと、カジュアルになりすぎて大人っぽい印象にならない
  • 革靴を選ぶとキメすぎになってしまい私服感がなくなってしまう…

となり、おしゃれに見せるのは難しくなります。

そこでおすすめなのが、両方の要素を持ったレザースニーカーです。レザースニーカーのメリットは以下の通りです。

  • 見た目はカジュアルだが、革素材で大人っぽさと高級感があるので子どもっぽく見えない
  • 革素材でもキメすぎに見えない
  • 革靴よりも楽で動きやすい
  • キレイめな服にもカジュアルな服にも合わせやすい

カジュアルにもキレイめにも合わせやすい万能アイテムです。合わせやすいアイテムの良いところは、コーディネートに失敗しにくことです

ほとんどの男性はカジュアルな服装になりがちです。そこにスニーカーを合わせると、カジュアルすぎて子どもっぽく見えてしまいます。

レザースニーカーでほんの少しキレイめ要素を付け足しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA